京都の熟女風俗の求人は稼げるのか?

京都の熟女風俗の求人は稼げるのか?

京都の熟女系の風俗求人は本当に稼げるのか?働く女に直接インタビューしてきました!

「初めまして。今日は足元の悪い中お越しいただきありがとうございます。早速で悪いのですが自己紹介の方をお願いします」
「はい、私の名前は由恵(ゆえ)で歳は33歳。普段は専業主婦をやっていますが子供が学校に行った後は京都の熟女専門風俗店で働いています」
「ありがとうございます。やっぱりお金がなくて風俗店で働くようになったのでしょうか?」
「夫は一部上場企業に勤めており、収入にはそれほど困っておらず、むしろ裕福なくらいでした」
「お金じゃないならやっぱり夜の営みに満足できなかったのですか?」
「いえ、夫はありとあらゆる手段で私を気持ちよくしてくれているので、夜の生活には満足しています」
「それではなぜ京都の熟女専門風俗店で働くようになったのですか?」
「実は夫が私を気持ちよくしてくれる中で私に男を喜ばせるためのテクニックを様々伝授されたのです。もちろん夫は夫を満足させるために教えたのですが、結婚して以来専業主婦として生きてきた私は外の世界に強いあこがれを抱いており、誰かに夫で培ったテクニックを試してみたい、そんなことを思うようになったのです」
「なるほど…でも旦那さんは反対しませんでしたか?」
「きっと反対するだろうと思って旦那には京都風俗で働いていることを言っていません。だから私が働いたお金はそのままへそくりになっています(笑)」
「なるほどそれはいいお小遣い稼ぎですね(笑)。お子さんは京都風俗で働いていることを知っていますか?」
「もちろん言ってませんよ!風俗で家に返るのが遅くなったときにはママ友とランチしていることにしてごまかしています。9歳なので全く気付く様子もなくて安心です」
「9歳の子供がいるんですか!?全然見えないですね」
「そうですか?ありがとうございます」
「やっぱり自慢のテクニックで若い男の子と触れ合っているからですかね?全然20代半ばの独身って言っても納得しちゃいますよ!」
「確かに若い男の子の影響はあるかもしれません。熟女専門の風俗というと大抵の人は年配のおじさんが訪れるものと思いがちですが若い男の子が今熟女を求めています(笑)」
「なぜ若い男の子が京都の熟女風俗を利用すると思いますか?」
「単純に乳離れできていない男の子やマザコン男子が多く母性を求めているってことも一因として挙げられますが、一番は私たちのような経験豊富な女が提供するテクニックの高さを体験しに来るからだと思っています」
「なるほど、同世代の女子には出来ないようなテクニックや内から出るフェロモンが若い男の子を虜にしているというわけですね?」
「はい、そう思います」
「すいませんがその熟女自慢のテクニックを少しだけ私で試すわけにはいきませんか?」
「ごめんなさい。私のお店に来てくれたらいっぱいサービスするのでその時に味わってくださいね」
「かー!そりゃあそうですよね。じゃあ見ている人にもわかるようにどのようなテクニックを味わうことができるのかだけ教えてもらっていいですか?」
「そうですねーそれならいいですよ」
「ホントですか!?では全国の熟女風俗ファン並びに熟女風俗へ手を出してみようか迷っている人たちのためにお願いします」
「まず使えるかわからないのですが、たまに素股のフリして挿入したりしています」
「いきなりぶっこみましたねーあれっでも本番は禁止されていますよね?」
「えぇだからお店には内緒です。多分私以外の熟女もみんな気に入った男の子がいれば挿入を楽しんでいますよ。みんな欲求不満なんですよ。だから若い男の子のアソコを求めてしまうってことですね」
「ずいぶんあっけらかんとしていますが、私が京都風俗店の人に怒られそうなのでこの辺でインタビューは終了します。本当に本番ができるのか?気になる人は熟女風俗を体験してみてくださいね」