京都風俗求人と宣伝

現在は様々なタイプのお店が日本各地に存在するなど日本における大きな産業のひとつと言って良い風俗。首都圏の歓楽街の中にはその地域だけでデリヘルが100店舗以上あるなど、激戦区もあり生き残りも大変だと言われている。その状況は風俗店の中でもトップレベルのクオリティーがある高級でも変わらない。特に数多くの高級店がある東京の渋谷など数多くのお店がある地域では、日々生き残りのための戦いが繰り広げられている。ここでは高級店が生き残るための取り組みのひとつ、宣伝やPRについての話をしていこうと思う。

現在は新聞・雑誌・テレビ・ラジオのみならず看板・インターネット・スマホなど様々なメディアが存在する。またそういった状況のため「この層はこれを見るだろう」という過程が通用せず、また「●●は見ない」という人も増えてきている。それにともない宣伝方法も多様化してきており、それは一般企業・映画・音楽など分野関係ない特徴だ。それだけにいくら多くの人に知られているほど有名なものであっても、多くのメディアで効果的にPRしなければ知られるのが難しい状況なのだ。

それは一般的なものだけでなく風俗業界でも同様のことが言える。風俗雑誌・フリーペーパー・ホームページ・風俗情報サイトなど風俗を取り扱ったメディアは多い。そして宣伝内容は女性・お店の特徴・求人情報など新規のお客や風俗で働くことを考える女性。ただお客・風俗業界に興味を持っている女性など何を見て情報を収集しているかは人によって異なる。還暦に近い年齢でありながらスマホやPCを手足のように使いこなす人もいれば、スマホは電話機能しか使えない若年層もいるのだ。それだけに本来は様々なメディアを使って大々的にPRしたいところだ。ただ宣伝やPRにはそれなりの費用が必要となること、また様々なお店が宣伝しているため効果のある方法を考えなければさほどメリットがないという特徴がある。それだけに宣伝にお金を使うことができるお店もあれば、自前のホームページだけで何とかやりくりしているようなお店もあるだろう。また宣伝は成功したときの効果が大きいため赤字になっても良いので「先行投資」としてお金を出し、しっかりとした宣伝を行うというお店もいると思われる。特に高級店は一般的な風俗店に比べてメディア露出が少ない傾向にある。ただ優良店であるためには良質な女性を多く採用する必要があるので、ある程度宣伝に注力していくことが望ましいだろう。

このような部分は京都風俗求人を募集するお店でも変わらない。