和歌山風俗求人と色んな出来事

ここでは和歌山風俗の店長をしている私が、当店に起こった様々な出来事について書いていこうと思います。まずは指名した女の子がたまたま初恋の女の子だったという、あるお客様の話から始めていきましょう。和歌山風俗求人への応募を考える方は、こういったことがあると考えておくと良いでしょう。

初恋がいつかは人によって異なると思いますが私の場合は中学生の頃。相手は近所にいた幼なじみの女の子で、今まで会って遊んでいたときは気にしなかったのですが中学になると急に大人っぽくなって気になる存在となっていったのです。その後しばらくしてから彼女は転校して北海道に行くことになりました。しばらくはメールなどでやり取りをしていたのですが、高校になるとお互い部活や勉強などで忙しくなって連絡を取り合うことも少なくなっていったのです。あれから10年程経って私は就職し、出張のために和歌山を訪れました。そのときに同僚などの勧めで私は和歌山の風俗店を利用したのですが、HP写真で初恋の幼なじみによく似た女性を見つけます。そこで興味もあってその人を指名したところ、まさかその本人が私の宿泊先のホテルに来たのでした。

・和歌山風俗嬢となった初恋の幼なじみと再会

和歌山の風俗嬢として私が宿泊していたホテルに来たのは初恋の女性です。HPには『風俗で「はつこい」を思い出す』という一文がありました。そんなことは全く気にしていなかったのですが、和歌山風俗でまさかの初恋相手とご対面という漫画やドラマのような展開に興奮を隠せません。そんな私の胸の高まりをよそに彼女の方は困惑した表情を浮かべています。当然私のことを認識していたようで、久しぶりに幼なじみと再会しても和歌山風俗嬢としての自分は見せたくなかったのではないでしょうか。そんな彼女に対して私はライトな口調で話かけました。

・満足感と喪失感を得た和歌山風俗体験

和歌山の風俗嬢として宿泊先のホテルに現れた初恋の幼なじみ。彼女を最後に見たのは10年以上前ですが、その頃の雰囲気と大きく変わらず美しい容姿を維持していました。大人っぽくなったことでさらに魅力的になっていたかもしれません。彼女は現在結婚し北海道で生活しているとのこと。ただ旦那の仕事が安定しないのと、子供の養育費などが必要なため和歌山風俗で働いているようです。そんなときたまたま私が指名してしまった訳ですが、彼女にとってはやはり「こんな私を見て欲しくなかった」という思いが強かったですね。そしてしばし思い出話に花を咲かせて風俗サービスを始めてもらいます。そうするとやはり現役の和歌山風俗嬢だけあって、きちんとしたプレイを展開してくれました。彼女からフェラや素股のサービスを受けて気持ち良く満足した一方、何か大切なものを無くしたという喪失感も襲ってきたのです。