日本橋風俗求人とお店に辿り着く男

ふらふらと街を歩いているといつの間にか風俗店に入っているあなたの話です。

これまでの人生で、「気を失っていると思ったら風俗店に入っている」ということがありましたね。「どこともなく街を徘徊していたら風俗店にたどり着いた」ということがありましたね。それは「美味そうなものの匂いに呼ばれてここまで来た」ということと同じで、本能的に性欲を発散したいと考えて風俗店にたどり着いたのでしょう。それは男も女も変わりません。いやらしいことをしてお金を稼ぎたいと考えている女性も風俗店に惹きつけられます。何も考えずに街を歩いていて歓楽街のある店に入っていた、という現役風俗嬢は腐るほどいます。もちろんある程度は腐ってます。このように風俗には男女を問わず人を呼び寄せる磁場のような強力な力があります。なのでそこでやり取りされるお金の額も半端ではないということになります。

むしゃくしゃとした気持ちを発散させるにはやはり風俗です。「スポーツをしろ」などという道徳の教科書的な格言は必要ありません。まあある程度スポーツをしている方が体にはよいわけですが、普段から激しい性行為をしているとそれはスポーツを凌駕するほどの効果を生むので、肉体的にも風俗遊びは男に必要であるといえます。難しいのがどのようにして風俗で発散するかということであり、風俗嬢が出てきた段階ですぐに襲いかかる風俗ユーザーが非常に多いと聞きます。このような状況になるのであれば、店側はすぐに襲いかかれるコースを用意するべきです。そうすればむしゃくしゃしている男性客を多数呼び寄せてお金に変えることができます。

つまりあなたは風俗店で遊びつつ同時に経営を学んでいるともいえます。どのようなサービスをすれば風俗ユーザーを捕まえることができるのか。またお店で働く女性キャストを引っ捕らえることができるのか。このようなことを考えつつ性的プレイに溺れていき、やはり経営のことなどどうでもよくなって性行為を続けるという結末が待っているわけです。それもいいです。風俗を客観的に見ることなく一人のお客として接する。そしてまた他の街に流れていった時に、その街独自の風俗店で遊んで一夜の恋に落ちる。その風俗に翻弄される人生をあなたはひたすら楽しんでいます。

これから先もあなたは各街の風俗店を巡りつつ、今度は海外の女性目当てに旅立っていくことになります。今後のあなたの性的な活躍を、世界中の人が見守っているといえますよ。その経験を活かして良いお店を作ったら、今度は日本橋風俗求人を募集してみると良いでしょう。